HOME > 講師の紹介 > ラテン・ベースのレッスン - 小泉哲夫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

[ラテン・ベース] 小泉哲夫(こいずみてつお)

Latin Bass by KOIZUMI Tetsuo

ラテンベース

トゥンバオやシンコペーションなど、ロックやポップスにはないラテン特有のベースラインやリズムトレーニング、そしてアンサンブルを重視したベースのクラスです。

講師は様々なラテンバンドから引っぱりダコの小泉哲夫。シンプルなだけにグルーヴを出すのが意外に難しいラテンベースですが、ラテン音楽の要となる重要なパートを様々な有名曲に合わせて伝授します。時にはピアノやコンガやマラカスなども使って、楽しくキューバ特有のリズム感を養います。

サルサやソンを弾きたい方はもちろん、ラテン・ジャズが好きな方や初心者の方もウエルカム。観客がつい踊りだすベースをめざしましょう!聴いておくべき名盤や名曲を、毎回オススメしてくれるのも楽しみになるレッスンです。

グループ・レッスン

ラテンベース

1-3人程度の少人数でレッスンをしています。

  • レッスン日時
  • 第1第3火曜日

    19:00-19:55、20:00-20:55、21:00-21:55

    ラテンベース
  • レッスン料金
  • 1レッスン 3,500円(お得な3回10000円チケットあります)

    楽器レンタル 500円(手ぶらでお越しいただけます)

    入会金   2,000円(初回のみ)

ラテンベース

レッスンは事前にご予約ください。

グループレッスンお申し込み >>

セッション

代々木デスカルガ

また、ふだんレッスンは楽器ごとに分かれていますが、定期的にすべてのクラスが一同に会して、アンサンブルWORKSHOP「代々木デスカルガ」を開催しています。バンド形式で他の楽器と合わせたり、プロミュージシャンと一緒に演奏したり、自分の演奏で人が踊ったり、他のクラスの方と仲良くなったり、楽しいこといっぱい。一度味わったらやめられないかも。レッスンの成果を発揮するチャンスですので、ぜひご参加いただき、ラテンの醍醐味であるアンサンブルを思う存分に味わってください(強制はいたしません、自由参加です)。

代々木デスカルガ

ご参加は事前にご予約ください。

ワークショップお申し込み >>

レッスンに通っている方の声

MUSEラテンアカデミーに入った理由やきっかけを教えてください。

ラテンベース
  • ラテンを演奏したいと思っていたとき、講師からレッスンをはじめたと聞いて通いはじめました。
  • ラテンバンドに加入したところ、メンバーに勧められました。
  • 演奏レベルの向上のため、通いはじめました。
  • BABY BASSが弾きたくて、レッスンを探していたんですが当然そんなレッスンはありませんでした。仕方なくWOOD BASS LESSONに行ったのですが、内容は100%JAZZだったのでなんか違うと思っていた時、偶然MUSEのサイトを見つけました。
ラテンベース

MUSEラテンアカデミーに入る前と入った後で、どんな変化がありましたか?

ラテンベース
  • 個人では知り得なかった知識や技術を習得できました。
  • パーカッションやダンスも学べるので、ラテン音楽の理解がより深まりました。
  • ラテン仲間が増えました。
  • バンドが組めました。
ラテンベース

MUSEラテンアカデミーのレッスンのいいところはどんな点でしょうか?

ラテンベース
  • ベースに限らず、パーカッションやダンス等を総合的に学べる事。
  • 講師陣の人柄。
  • チケット制もお得。
  • ラテン音楽に特化してるところ。
  • 講師の教える能力が高いところ。個人的にですがすごくウマが合います。
  • その都度のレッスン料。マンツーマンになることもあり、とっても助かってます。
ラテンベース

講師 プロフィール

小泉哲夫 こいずみてつお

小泉哲夫(こいずみてつお)Tetsuo KOIZUMI

神奈川県生まれ。 大学時代に第1回学生ラテンバンドコンテストで優勝し、プロの道へ。 ソン四郎、 森村献(pf)special、LUIS VALLE(tp) "AfroQ-bamigos"、SAYAKA(vln) y su Palma Habaneraなど多数のバンドで活躍。キューバ音楽やサルサを主なフィールドとし様々なセッション、ライブ、レコーディングに参加している。ラテン歌手よしろう広石、寿永アリサ、NORA(Orquesta de la Luz)などとも共演。 通算7度のキューバ公演も経験。そのシンプルかつ揺るぎない骨太なグルーブには定評がある。

小泉哲夫 ライブ情報

小泉哲夫 参加作品

SON四郎 "PARA TI"

SON四郎

2015年5月1日リリース。「オルケスタ・デ・ラ・ルス」「オルケスタ・デル・ソル」などに参加。数多くのセッションでも活躍し日本を代表するパーカショニストとして知られる都筑章浩氏の呼びかけで2006年2月21日に結成。キューバの伝統的な音楽「SON」を愛する日本男児四人衆!「SON四郎」待望のデビュー・アルバム。日本全国を精力的に飛び回り各地を席巻しつづけて8年。のべ一万人以上を楽しませてきたエンターテインメント・バンドSON四郎。古き良きキューバ音楽を守りつつも、和製ならではの進化を続けている彼らの音楽は、とにかく聴いて楽しい。「Moliendo Cafe」「Maria En La Playa」といったキューバ古典曲の斬新な解釈や、ライブで自然発生的に生まれた歌詞/アレンジもそのままパッケージされ、ソンの枠を超えたオリジナリティ溢れるサウンドに仕上がっている。2015年5月以降、全国ツアーも組まれているので、ぜひ生でもその素晴らしさを体感していただきたい。(SALSA 120% VOL.198から引用)

https://www.facebook.com/SON460

LUIS VALLE & Afro Q-bamigos“Afro Caravana"

2014年10月26日リリース。キューバ・ハバナ出身の超絶トランペッターLuis Valle率いる、ルイスバジェ&アフロキューバミーゴス。さらにパワーアップした第二弾アルバム! ! 遂にリリース決定! !前作"Yemaya Afro Suite"を凌ぐAfro感! !Afro Cuban Latin Jazzの決定版! !

http://www6.kiwi-us.com/~tonto/

鶴丸はるか "Drume Negrita"

鶴丸はるか "Drume Negrita"

2013年4月21日リリース。ジャズ/ラテンヴォーカリスト、鶴丸はるかのファースト・アルバム。キュートかつパワフル!大人の色香を含んだ天性の声を惜しげもなく披露した良盤。今の日本ラテン界を代表するようなミュージシャンたちをバックに、誰もが楽しめる“ジャズ&ラテン”。ボレロ、チャチャチャ、ボサノバ、サンバ等に加え、ジャズやブルースもエッセンスとして取り入れ、色彩豊かなアルバムに仕上がっています。

http://springcat.jp/

SAYAKA y su Palma Habanera "Pa'l Mundo"

SAYAKA y su Palma Habanera

2012年7月25日リリース。 「世界へ(Pa'l Mundo)」と題した初セルフプロデュースアルバム。サヤカ作曲曲を中心にキューバの名曲からビートルズカバーまで、どれも"Palma Habaneraならではのラテンミクスチャー"がより強まった一作。フラメンコ・ブラジル・ジャズ・サルサなど、異なるジャンルを自由自在に駆け巡る音楽の旅!

http://sayaka-violin.com/palmahabanera

ウィリー・ナガサキミッドナイト・ルンバ

Willie nagasaki

2012年4月11日リリース。崩れ去る時代に 躍れ。ラテン・ビートのトップ・リーダー、ウィリー・ナガサキが日本の 最高にジャズ&ファンキーな奴らと 組んだ究極のマスターピースゲストにはDIAMANTESのアルベルト城間、SOIL&"PIMP"SESSIONSの元晴&タブゾンビ、魅惑のシンガーなかの綾が参加。

http://bronx.cup.com/

LUIS VALLE & Afro Q-bamigos "YEMAYA Afro Suite"

LUIS VALLE & Afro Q-bamigos "YEMAYA Afro Suite"

2012年2月19日。リリース キューバからやってきた新進気鋭のトランぺッター、ルイス・バジェの1st ALBUM。アフロ・キューバ、ラテン、サルサ、アバークア、ルンバ、ソンゴさらにはボッサ、サンバといったリズムのキーワードを盛り込みつつ、躍動的、かつコンテンポラリーなラテン・ジャズへと仕上がっています。タイトルの“YEMAYA”はアフリカ・ルーツのキューバの信仰であるヨルバの神様。全ての創造の母であり、水や海を司る神様です。東日本大震災での津波被災地に対するルイス・バジェの思いが、このタイトルを導き出しています。

http://www6.kiwi-us.com/~tonto/

SAYAKA y su Palma Habanera "A Cuba"

SAYAKA y su Palma Habanera "A Cuba"

2010年11月17日リリース。音楽の宝庫・キューバの息吹を全身で吸収した美しきヴァイオリニスト、サヤカ率いる5人組、待望のニュー・アルバム。情熱的でロマンティックなTOKYO発ラテン・ミクスチャーを聴けば、魂はもう『A Cuba(キューバへ)』!!

http://sayaka-violin.com/palmahabanera

SAYAKA "Palma Habanera"

SAYAKA "Palma Habanera"

2009年7月22日リリース。正統なクラシックの音楽教育を受けてヴァイオリンを習得した後にラテン・ミュージックに嵌ってキューバへ留学。現地の凄腕ユニットであるディープ・ルンバにも参加という経歴を持つ美貌のヴァイオリニストがサヤカだ。その初リーダー作はラテン・ジャズをベースにしながらフラメンコやタンゴ、そしてどこかクラシックの香りも漂わせた会心作となった。情熱的なヴァイオリンの音色に酔いしれること必至だ。

http://sayaka-violin.com/palmahabanera

page top